技術情報TECHNOLOGY

09AF  小部品曲げ加工での安全治具

◆管理区分【 塗装 】 管理番号 TGN-09-64002
<技術・製品名>
小部品曲げ加工での安全治具
発行日 平成21年9月14日
発行部門 北上工場製造部
概要
小さい部品をベンダーで曲げる時に指を金型の近くに持って行かなければならず危険な状況なので手前の治具でおさえる様にした。
従来工法
新工法

安全と突き当て状態を確認しながらの作業で取り置き含み1角曲げるのに約10秒かかっている

取り置き含み1角曲げるのに約5秒で曲げる
手前側にバックゲージと同様に寸法をだせる手前位置決め
治具をセットして曲げを行なっている

<ポイント(製造可能な精度・材質等)>
特に無し

<問題点(課題)と対応方法>
板厚の薄い(t0.5以下)の製品を曲げる場合、突き当っている所に製品がすべる時があるので調整必要!

運用可能な部品(例)
奥行き5m/m位~150m/m
突き当て幅80m/m位まで
その他、特記事項
 

このページの先頭へ